豊かな自然とゆったり時間を楽しめる西表島

2017年06月02日 18時12分

西表島は、沖縄県八重山郡竹富町にある島であり、八重山諸島最大の島です。
八重山諸島の玄関口である石垣島からフェリーで約45分で行くことができます。
西表島というと、真っ先に思い浮かぶのは天然記念物のイリオモテヤマネコではないでしょうか。

しかし、西表島の見所はヤマネコだけではありません。
まず、西表島には日本最大級のマングローブの林があります。
そしてその姿を堪能できるのが、島を流れる仲間川です。
仲間川では、船に乗って川を遡りながらマングローブを鑑賞することができます。
ガイドを兼ねている船長さんがマングローブの生態等を案内してくれるのを聞きながら、広大な林の中を進んでいき、
途中で下船して、
日本最大のサキシマスオウノキ等を間近で見ることができる人気のコースです。
他にも、カヌーツアーやトレッキング等もあるので、様々な楽しみ方ができます。

続いての
西表島観光スポットは、由布島です。
海流によって堆積した砂でできている、周囲約2kmの小さな島で、西表島との間には遠浅の海があり、
仲間川のある大原港から車で20分程の場所にある乗り場から水牛車に乗って行きます。
ゆったりとした島時間の中で温厚な水牛の引く車にのり、御者の三線と民謡を聞きながら10分程揺られれば到着です。
島には植物園が広がっており、亜熱帯の様々な花や草木を見ることができます。

また、食事処や売店もあるので、
ぐるっと1周した後ゆっくり沖縄の味を楽しめるのも魅力の一つです。
八重山諸島の中でも豊かな自然を堪能できる西表島は、何度でも訪れたくなる癒しの島です。